2018年5月24日木曜日

バオバブひさしぶり その2

いつも横目で見ながらどうしようかと。
4号のラン鉢が、もう鉢の役目を果たしていません。

5月6日に植替えたバオバブの枝を、2015年の植替え後に切り、2016年ごろ根が出た挿し木です。

のびのびと育てすぎました。
きちんとコンパクトにして植え直しました。
一気に7ラン鉢へランクアップしました。ごぼう抜きです。


鉢が真っ二つに見えますが、実際は鉢底の穴が存在しているので、思ったほどすっきりとは取り外せないのです。
穴に根がくい込んで、外すのに時間がかかります。

もう、途方にくれるしかない感じ。



2018年5月23日水曜日

花籠実生と紅籠実根

わかりやすくなってきました。
2015年播種花籠と花籠ヒントニーの実生が少し大きくなりました。
どちらも特徴がはっきり分かります。
根も長くなってきました。まだ太さはあまりありません。
来年あたりには、主根が太くなるかも。


小さくても太いです。
紅籠は、カキ仔を実根にしています。
接ぎおろしではないので、混じりけなしの紅籠の根です。
しっかりと太い根になってきました。

2018年5月21日月曜日

温室の温度

今日も暑かったですね。
サボテン達 & マダガスカル達をカラカラにさせない為、この時期は早朝から水やりです。

人間も水分を摂りながら、あっちにもこっちにもそっちにもお水を撒きます。
そしてふと見た温室内の温度計は38度!

まだ10時過ぎです…。
これからどんどん気温が上昇する時間なのに、すでに38度と言う現実にクラッときてしまいます。
…40度を越えるのも、そう遠くはない未来かもしれません。

2018年5月20日日曜日

育つのゆっくり気味

マクドガリ2014・2015。
あまりたくさん播いてないうえに、育つのがゆっくりめな植物も植替え中に紛れてきます。
置き場所面積が爆発的に増えないので、存在感がひかえめです。
今育てている中では花籠と精巧丸がツートップだとは思いますが、これらはある程度注意して見ているのか、それなりの存在感があります。(松露玉はこっそり溶かしました。)

ユーフォルビアだとラバティ付近が、イモの成長のんびりめです。ただ、地上部の葉はかなりの質量で出ます。

アルストニー2015。

バラ丸2016。(飛び苗と大きめの苗)

2018年5月19日土曜日

次回オークションにつきまして

次回5月26日オークションは変則的に行います。

即決価格なしでの開催です。
2日間ではなく、26日土曜日の一日だけ、
18時スタート、22時から数十点ずつ順次締め切っていく予定です。

今までと違い、二日間行いませんので、開始と終了の日時にご注意ください。

2018年5月18日金曜日

少しがんばろうかと

ヘディオトイデス。
パキポディウムの実生栽培が安定してきました。
少し世話の簡略化が計れるようになってきたので、播いて育つままにしていたユーフォルビアの実生を、もう少しまともな形に育つようにがんばってみようかと思います。

2018年5月17日木曜日

今日は曇り空でしたが、温室内の気温はぐんぐん上昇し用意してきた着替えが大活躍な一日でした。

さて先月、クリーム花系の種を採るために鞘にネットをかけていたのですが、知らぬ間に鞘がはじけてました。
そして種の形状にビックリ。
勝手にゴマのような黒くて小さな種を想像していましたが、実際はタンポポの綿毛のようにフワフワがついてしました。
ネットをかけていたので、取りこぼすことなく全量採集できそうです。