2017年6月28日水曜日

増えていました

わぁい。
白い斑のシワ玉牡丹が2本増えていました。
どれかきれいに残るといいです。

2017年6月27日火曜日

復活!

わぁい。
6月14日記事「実生がしぼんだ時」のグラキリスが元に戻りました。
根が生えたようです。

2017年6月25日日曜日

強いものです

ぷらぷらだったのに自力で立っています。
先月あたり、貴重な実生の精巧丸2本が毛虫にかじられて皮一枚でつながったような有様になっていました。
頭が落ちかかっており、抜いて処分しようと思いましたが、元が助かるかも?とそのままにしておいたのです。
けっこう強いもので、だんだん胴体がつながり、元気になってきました。
特にひどかった方は、つながりきれてはいないようですが、代わりに喰われて途切れた部分から根が出てきました。
捨てなくて良かったです。
もう、上下別々に育てた方が良いかも。

2017年6月24日土曜日

一対が正解ですよね?

バロニーの国内実生株が去年よりは種が取れそうな雰囲気になってきました。
ウィンゾリー国内実生株の花は今年も複数株で奇形が多く見られます。おそらく、昨年奇形になっていた株はまったく同じ形に咲いています。
(ところで、バロニーのサヤがぜんぶ一対にならず片側だけ成熟しているのですが、他のパキポディウムと同じく本当は一対になるという認識であっているのですよね?)

2017年6月23日金曜日

回収し終わりました

クリーム花エビス笑の種をすべて回収しました。
やっとすっきりしました。
イノピナーツムの種、ひとサヤ目がはぜました。

2017年6月22日木曜日

斑入りは遅いです

昨年発芽したグラキリス錦は、まだ小さいです。
同じ時期に播いたグラキリスの中で一番小さいのではないでしょうか。
今年は斑の枝からは花芽が付きませんでした。

2017年6月20日火曜日

白いのは出ます

パキポディウムの種を播いていると、葉緑素のない個体は相変わらず一定数出ます。
そして枯れて行きます。
いい具合に斑になってくれればいいのに、斑入りはまったく出てくれません。

親が斑入りではない限り、万が一程度では斑入りにならないようです。
そのかわり、斑入りの枝から取れたサヤだと、ひとサヤで2本斑入りが出ていたので、割と効率が良いのではないでしょうか。(生き残らなかった白部分が多すぎる株も含めるともっとです。)
斑入りの親株の周囲だと、複数本斑入りの株が生えているのではないかと思うのですが、どうなんでしょう。
人の手が入らないと途端に生存率が下がりそうな性質なので、子孫を増やせる年は極まれにしかないのかもしれません。