2017年8月18日金曜日

大丈夫?

そこはやめたほうがいいと思う。
最近、温室の外張りビニールと内張りビニールの間にかえるが住んでいます。
晴れたとたんに干からびそうです。

2017年8月17日木曜日

おいしそう?

晴れ間が少なく、サボテン温室の水やり回数が減っている間に、柱サボテンの実が赤くなっていました。
三角袖や三稜袖と呼ばれる系統のもののようです。袖ヶ浦の花粉が使えない袖ヶ浦とは異なり、袖ヶ浦の花粉が使えるそうで、花粉は袖ヶ浦ですね。
袖ヶ浦と竜神木がたくさんあるので、まだ台木に使ったことがありません(やや記憶が曖昧ですがたぶん)。

2017年8月16日水曜日

どれでしょう?

7月播種のグラキリス実生です。成長点が複数に増えているのがありました。

1.ただの枝
2.二頭になる
3.綴化になる

どれでしょうか?
2じゃないかと予想しますが、3だとうれしいです。


今のところ、綴化の株から直接取れた種には、目に見えて変化のある芽はありません。(同じ7月播種です)
どのくらいの大きさから綴化が始まるのか見当がついていませんから、普通に見える中に将来の綴化株があるのかもしれません。

2017年8月14日月曜日

空気感激減

アデニアspのサヤ、現在の様子です。
色と大きさ据え置きで、ずっしりしてきました。
サヤに詰まっている感じはしないので、サヤ自体も重くなってきているのではないかと思います。

2017年8月13日日曜日

ホロンベンセの花

ホロンベンセの花が咲きました。
グラキリス・エビス笑・マカイエンセとまったく違う形の黄花です。
ベルに指が入るぐらい余裕があります。ふっくらした大きい花でした。

2017年8月12日土曜日

青々


7月に来たパキポディウム・ホロンベンセの葉がだいぶ生え揃いました。
ホロンベンセは今のところ実生予定がありません。

2017年8月10日木曜日

昨年の推定バロニー

見た感じバロニー。
昨年のバロニー×グラキリス現在の様子です。
×グラキリス成分が果たして正確なのか分からないのが現状です。
自家受粉をするという話もあるようですし、花が咲くか今年播種分と比較できるようになるまで保留でしょうか。

2017年8月9日水曜日

今年のバロニー

今年は花粉もバロニー。
オークション作業をしている間にバロニーの芽が出ていました。
ペラペラで中身が入っている種なのか心配になりますが、ちゃんと入っているようです。

2017年8月8日火曜日

台風の影響はないです

屋外置場は台風の影響を受けずに済みました。軽い実生でも根が砂まで張った鉢が増えているようで、ここにきて急に倒れにくくなっています。(7月は軽い風でよく倒れていた気がするのです。)
もちろん、ビニールハウスも無事です。

オークションはいつもと違う場所での作業ということもあり、やや押し気味の進行ですが、発送作業が進んでいます。到着までいましばらくお待ちください。
最近は温室の涼しめな所にこもっていたせいか、日陰の常温な室内程度の環境は割と余裕なことに気がつきました。スポーツ飲料入り水筒がお供です。
空調服は袖が引っかかりそうなので、即お蔵入りしました。

2017年8月6日日曜日

エアコンが原因でした

青々。
いつもオークション用の植物を集め、撮影し、発送を行っていた事務所は、夏季になりエアコンが入っています。
集めた植物に水をやっても、毎日葉に霧吹きをしても、特にエビス笑とオペルクリカリアの葉が散ってしまうのです。エビス笑に至っては9割8分くらいの株で葉が黄色くなり発送頃には散り始めてしまいます。
エブレネウムもそこそこ黄色くなりますし、グラキリスもやや変色する株が出始めます。

もちろん、環境が落ち着くとまた葉が出てきます。

温室から温度が低めの環境に移動するのが原因ではないかと、今回のオークション準備はエアコンのない場所で行いました。
撮影も屋外です。

まったく葉が落ちませんでした。

おそらく、お手元に届いた後も、置き場所がエアコンを使う部屋の場合は、似たような現象が起きるかと思います。
なお、常温の部屋で育てていた植物を温室に移動する、温度が上がる方の環境変化でも、同じように落葉が起きることがあります。(パキプスで葉が全部落ち、10日くらいどきどきしました。)
温室から屋外への移動でもばっさり落ちた株が今年も結構ありましたので、温度の上下・日差しの変化など、少しでも条件が変われば落葉につながるのかもしれません。
新しい環境に適応するまでしばらくお待ちください。

明日からの発送準備はエアコンを入れない部屋で行います。
気温がおだやかだといいなと、ちょっぴり思っています。
植物優先!


2017年8月5日土曜日

実生マカイエンセと枝

3本枝。

5月23日「伸びない花芽」で、花芽が育たずに枯れ落ちてしまったマカイエンセの実生ですが、花が咲かなかった場合でも咲いた時と同様枝分かれを始めています。

屋外に出しっぱなしなので、枝がそれほど伸びていません。
来年また屋外に出せる頃までなんとか伸びずにがんばってほしいところです。
横から見るとこんな。
2016年播種マカイエンセの内、花芽が付いたのは1本だけだったので、天辺から正統派に枝分かれしているのは今のところ上の株だけです。


脇芽が伸びた系の枝はこんな感じです。

ただいまパキポディウムが絶賛成長期です。
もう少しするとマカイエンセとイノピナーツムも販売できる大きさになりそうです。(写真の二株は特に大きめなのです。)

2017年8月3日木曜日

予想は4粒

時計に付いていた赤いLED。
アデニアspのサヤが育ち切り、みんな同じ大きさになっています。

大きさのわりにとてもエアリーです。粒数は期待できない軽さです。
気になるので持っていたLEDライトで照らしたら、ぼんやりとそれっぽい影が見えました。
平均4~5粒の影が見えます。
この影が種なら、最初に結実したこのサヤは、たぶん4粒入りです。


そういえば、近づかないと香らないのですが、花はとても良い香りがします。

2017年8月2日水曜日

太ってきました

手前2本はそれほど太っていません。
なかなか目立った成長のないイノピナーツムの実生ですが、少しずつ太りはじめる個体が出てきました。
葉の色が濃くなると、成長がちょっとだけわかりやすくなるようです。
先端が枝分かれするまでは寸胴に育ちそうです。満遍なく太くなっています。

最初は大粒なのに、どんどんグラキリスに追い抜かれていきます。
イノピナーツムは小さめの輸入球でも、他の種類よりもさらに年数を経ているのではないでしょうか。

2017年8月1日火曜日

もうじき収穫完了です

白っぽく見える部分がサヤ入り排水口ネット。
8月になると、パキポディウムの種の収穫がほとんど終わっています。
マカイエンセが残りわずかです。